風俗嬢に惚れた夜

守りたい!儚い顔の風俗嬢に惚れそう

儚い表情の風俗嬢。僕の横に座っているのは、デリヘルで働く女の子。見た目はとても大人しそうな顔で、ちょっと笑顔ってよりは浮かない顔をしている子。「なんか嫌なことでもあった?」と僕。「いいえ!あ、ごめんなさい!いつもボーッとしちゃって」と彼女。そんな子を見て、僕は守りたいと感じる。この子を守りたい。そう思わせる風俗嬢が、札幌にはわんさかいる。僕が使った札幌風俗のデリヘル嬢は、身体も華奢でとにかく細い。セクシーかと聞かれればセクシーではない。でも、一生懸命彼女もプレイしようとしてくれているから、その好意には応えないといけない。「ねぇ、あまり体調が良くないなら無理しなくて良いからね」と僕。「いえいえ、頑張ります」とアソコにしゃぶりつく彼女。そんな感じで、ちょっと寒い日の夜は過ぎていった。風俗嬢とのプレイを楽しみたいと思っているなら、どうやって楽しむかをしっかり考えた方が良いかもしれない。人によっては面倒に思うこともあるかも。僕はもちろん楽しかった。

女性画像

冷たい肌だけど心は温かい風俗嬢

冷たい肌の札幌女子と、風俗でプレイしてきました。先日使った札幌のデリヘル嬢は、肌がとても冷たい子だったんです。「冷え症なの?」と聞くと、彼女は「うん!最近運動もしていないからなぁ」と言っていました。そんなデリヘル嬢と一緒にシャワーに入って、まずは身体を温めます。女の子もテンションが上がってきたのか、結構ホットな身体になっていました。そんな風俗嬢とベッドでイチャイチャしながら、僕は素敵な時間を過ごしていました。とても楽しめる子だったこともあって、かなり満足できましたよ。ちなみに、彼女は肌は冷たいのですが、心はとても優しい子なんです。僕みたいな気持ち悪い男でも、真剣にプレイしてくれます。それがとても嬉しくて、また何度も使いたいなって思っています。リピーターになれるほど余裕があるわけじゃないですが、彼女とのプレイはまだまだ楽しみたいです。もっと仕事をして、彼女と会える機会を増やしていきたいと思います。頑張るぞ。